40度の熱が出た。

細菌性の風邪にまけた

一週間程前の話なんですけど、40度の熱が出てダウンしました。
血液検査した結果は、何かしらの炎症反応が出ていて、白血球の数値が高かったという感じ。炎症反応の値は、肺や肝臓等の内臓系がやられているというほど高くはない。
医師診断は、「どっかしら炎症を起こしているけど、どこだかは分からないし、ものすごい酷いわけでもないと」いう診断でした。なにそれすごいざっくり。

風邪にはウイルス性と、細菌性の風邪があって、9割の人がウイルス性の風邪にかかるらしいんですが、抵抗力等が下がっている時などに、まれに細菌性の風邪にかかることもあるらしいです。そしてどうやら私はそれをばっちり引き当てたらしい。

あまり熱を下げすぎてしまうと、白血球が最近をもりもり退治できないということだったので、38度五分以上の熱が出たら解熱剤をのむけど、それ以下だったら我慢してひたすら寝る事に。

4月頭に、花粉が肌についただけで肌が真っ赤になる花粉症皮膚炎になってたり(3歳の頃からずーっとひど目のアトピーを持っているので、肌が激弱です。私の皮膚は最弱)、皮膚炎が悪化して食欲が失せていたり(しかし痩せない)していたので、いつのまにやら抵抗力がなくなってたんでしょうね。

どうやって細菌感染を防げばいいのかっていうのが、栄養とって、うがい手洗いをしっかりする位しか思いつかないんですが、一人暮らしの方はほんと気をつけて下さい。私は実家にいたのでどうにかなったんですが、一人で40度の熱を乗り切るのはかなり厳しそうです。

結局私は5日間38度~40度の高熱がでっぱなしだったんですが、こういうのって会社とかにどう言えばいいのか難しいですね。細菌性の風邪で高熱が~ っていってもなんだか信用してもらえなさそう……インフルエンザであってくれたら、問答無用で休み取れるのにね。

発端↓ このあと3日間40度の熱が続きました。

そろそろ再開できそう

ヘブンズエッジの構成をきちんと見直したいなあとずっと思っていたので、物語論の本とか読んで一から構成を練りなおしてました。プロットほぼ終わって、方向性も見えたので漸く本文の続きを書きだしたところです。いやあ遅い遅い。(すみません……
きちんとリヒトのヒーローズ・ジャーニーに決着をつけたいなあと思ってます。ふ、フレイも続き書きたい……

natsusaka
創作や二次創作を生きる活力としているお餅 絵仕事とか募集しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です