iPad Proを買いました

iPad pro買いました

なんか大変更新が止まってますね。お久しぶりです夏坂です。
転職してから1年がたち、同人活動もまたちゃんとしたいなあと考えだしている今日この頃、6月にボーナスが入ったのでうきうきしたそのテンションのままiPad proを購入しました。

というのも、同僚のオタクさんたちが「iPad proでお絵かき、けっこう実用できるよ!」と教えてくれて、いろいろ聞いているうちに欲しくなってしまったからです。

とはいえ私はもう何度となくタブレットで絵を書こうとして失敗し、スタイラスペンで絵を書こうとしては失敗しを繰り返し続けていたので(何万とんだんだろう)、これはもうApple storeで絵を描いてきめよう。と実店舗で使い倒してから買いました。

買ってからようやく2ヶ月が経ったので、所感をざっとまとめていこうと思います。

てかほんとおすすめだからみんな買おう。一緒にお絵かき会しよう!

お絵かき用途の使い心地

結論からいうと、最高に良いです。
めっちゃ買ってよかった。描き心地最高。筆圧感知だってばっちりです。

以下はそれが全然伝わらないiPad Proで描いた落書きたち。

 

毎回小さいタブレットを買い、描画領域が狭くて失敗してきたので、今回私は奮発して12.9インチのiPad Proを購入しました。このくらいになると電車でお絵かきはし難いサイズ感ですが、プロントとかのカフェで絵を描く分には申し分ありません。描画域が狭くてもいいから小回りが利く方を選ぶか、小回りは利かないけれど広々描画域でやや重い方を選ぶかは、使い方や何を優先するかによりそうです。
とはいえ大きい12.9サイズでも持ち運びが辛いものでは全くありません。この間カラオケでiPad Proお絵かき会したんですが、本当に楽しかったです。

難点といえばクリップスタジオが今まで使っていたpcのアカウントで使えるかなとおもったらそうでもなく、新規月額契約せざるを得なかった点だけがちょっと痛い(pcで月額500円、iPadで月額1000円)。そのうちiPadだけで完結できるようになったらpc版は解除してしまいたいなあと思いつつ、まだそこまでは慣れていません。(でもiPad Proだけで同人誌の漫画描いている人もいるから、夢ではないと思うんですよねえ)

なお、絵を描くにはiPad Proとクリップスタジオのほかに、Apple Pencilが必要になります。Apple Pencilは一万円するので、決してやすい買い物ではないのですが、今までワコムのペンタブや液タブを使ってきた私でも、感動する描き心地だったので、かなりオススメです。

あとはセルシスのタブメイトコントローラーがiPad Pro対応してくれたら申し分なし!

小説執筆ツールとしては

私外で小説書くためにちいさめのノートパソコン買い直そうと思っていたんですけど、これもiPad proに純正キーボードで問題なしです。(このブログもiPad proで書いてます)

今までWindowsばかり使ってきたので、ちょっとappleのキーボード配列に慣れるまで時間がかかりそうではありますが、カナと英数の切り替え時に少し手間取るのと、コントロースボタンがcommandであることに戸惑うくらいで、ほかは対してつまずかないので、執筆に支障はなさそうです。そのうち慣れる慣れる。
なにより執筆用のアプリが超集中できるシンプルデザインのものが多く、書いていて気分いいです。これ私にとってはとても大事。

今はiA writerというアプリを使っていますが、アウトラインプロセッサー的な使い方ができるものがないかなと探しているところです。やはり長文かくとなると階層管理したくなっちゃうんですよね。

まとめ

  • 購入したもの
    • iPad Pro(12.9インチ)
    • Apple Pencil
    • 純正のドッキング型キーボード

失ったものは14万円。
ゲットしたものは、お布団の上でも落書きできる環境と、どこでも小説を書ける環境です。
これを高いととるか、安いととるかは人それぞれだと思うんですが、私は絵や小説をかく機会がこれらを買った事によってもりもり増えたので大満足でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください