始まりは鉛雨の中で

部屋の奥まで吹き込んできた雨が頬に当たる。 ぞろり、とぽっかりと開いた穴から入り込んでくる黒い塊。何か判別の付かなかったそれは、二人の前でゆっくりとその姿を伸ばし、明確に人の形を取った。 その数、十数人。 「―――っ逃げ...